代表的な性病とその治療薬

性病にもたくさんの種類がありますが、代表的な性病としてクラミジア感染症が挙げられます。
性交渉やキスをすることで粘膜にクラミジアが感染します。
男性は尿道や咽頭に感染することが多く、尿を出す時に痛みを感じることがあります。
女性は膣に感染しますが、多少おりものの変化がある程度です。
症状は個人差もありますし、自覚症状がほとんどないため、クラミジアに感染していることに気づかないことが多いです。
しかし、そのまま放っておくと不妊や流産などのリスクが高くなり、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性が高くなります。
感染しないためにはコンドームなどで避妊をしたり色々な人と性交渉を持たないことが大事ですが、完全に避けることは難しい病気です。
そのため、少しでも感染した可能性があると感じた場合には、すぐに病院を受診することが大事です。
病院でクラミジア感染症と診断された場合は、その治療薬として抗生物質が処方されます。
医師の指示通りに約2週間飲み続けることが必要になります。
途中で飲み忘れたり、治ったと思って飲むのをやめてしまうと、クラミジア感染症は完治されないままになってしまいます。
医師が完治したと診断しない限り、処方された抗生物質を医師の指示通りに飲み続けることが必要です。
現在では病院に行かなくても、性病の検査ができる検査キットや治療薬を販売している通販サイトがあります。
病院に行くのが恥ずかしい人や病院に行く時間がとれない人などは利用しているようですが、中には悪質な通販サイトもあるので注意が必要です。
レビューや口コミなどを見て信頼できる通販サイトを利用することが大事です。
性病は気づかない間に多くの人を感染させてしまう恐れのある病気です。
性病に感染した自覚症状がなくても、性交渉やキスをする予定がある人は定期的に病院を受診することをおすすめします。